「モチベーション・アファメーション」の講師一覧

11 件の講師がいます。[1-10] を表示

次の 10 件>

講師の概要 主な講演内容

佐伯 美香佐伯 美香(さいき みか)

アスリート【元ビーチバレー日本代表】

バレーボール日本代表としてアトランタ五輪に参戦後、ビーチバレーに転向、シドニー五輪で4位入賞を果たし、結婚・出産を経験し現役復帰。北京五輪代表として活躍。各種講演、解説、後進指導で活躍中。

  • 夢をあきらめない!
  • 夢を叶える!
  • バレー人生で学んだこと
  • 夢を持てる子どもの育て方

土田 和歌子土田 和歌子(つちだ わかこ)

アスリート【車椅子ランナー】

高校で車いす生活になり、アイスレッジで4つのメダルを獲得。陸上へ転向後はシドニーパラリンピックで銅メダル、アテネ大会では5000mで金、マラソンで銅メダルを獲得。東京マラソン3連覇へ!

  • 明日へ向かって!
  • 夢を持てる子供の育て方

昼田 宗昭昼田 宗昭(ひるた むねあき)

指導者【サッカー指導者、東京ヴェルディGM】

「サッカーでメシを食う」という夢に向かって、時には安定した終身雇用すらも捨てて歩み続けてきた昼田宗昭氏。93年Jリーグが発足した時に描いた「10年後にはJリーグで働く」という目標の実現を目指して、若者へのメッセージも数多く、ビジネスの世界においてもチームマネジメントという難しい仕事を成し遂げてきている。

  • サッカーで飯を食う!ヤンチャ坊主がGMになるまで
  • チームマネジメントと選手育成法

松山 文人松山 文人(まつやま あやと)

アスリート【トライアスロン選手】

6歳から競泳五輪選手を輩出した、名門「多摩川スイミングスクール」で水泳を始め「日本大学中学校」「日本大学高等学校」時代を競泳選手として活躍。86年からトライアスロンへ転向し、競泳出身の選手として活躍。国内の草分時代を数多くの大会に出場し、その多くを好成績で飾る。

  • 講演内容1
  • 講演内容2

上野 敬裕上野 敬裕(うえの たかひろ)

指導者【陸上競技指導者】

07年4月、実業団時代のスタッフ、選手5人と共に陸上競技クラブチーム「和光アスリートクラブ」を創設。07年大阪世界陸上に代表選手を輩出、国際マラソン、国内主要マラソンに選手を送り込むなど大きな軌跡を残した。08年12月湘南トラッククラブ・インターナショナルを設立。自身の目標である「世界で戦える選手の育成」を目指し、活動をスタート。

  • 夢をあきらめない
  • どん底からはいあがれ!

朝日 健太郎朝日 健太郎(あさひ けんたろう)

アスリート【ビーチバレー選手】

1998年の世界選手権、1999年のアジア選手権・ワールドカップ・シドニー五輪アジア予選に出場。2000年から2002年にかけてVリーグでのチーム3連覇に貢献。2002年春、ビーチバレーに転向し、プロビーチバレーチーム「ビーチ・ウインズ」を結成。2008年8月、白鳥とのペアで北京オリンピックに出場。2009年も国内大会完全制覇を果たし、2012年のロンドンオリンピックの表彰台を目標にしている。

  • 講演内容1
  • 講演内容2

森 隆弘森 隆弘(もり たかひろ)

アスリート【水泳選手】

~努力は自分を裏切らない~ アテネオリンピック200m個人メドレー6位入賞 選手の育成や水泳の楽しさを伝えるために水泳の普及活動を行っています。

  • 努力の大切さと伝えたい事~夢~
  • 努力~夢の続き~
  • 諦めない心
  • 栄養とスポーツ
  • 選手としての意識

山田 昌寛山田 昌寛(やまだ まさひろ)

アスリート【セパタクロー日本代表選手】

セパタクロー日本代表選手 日本体育大学卒業。現日本代表インステップ・サーバー 世界選手権2年連続銅メダル2008、2009年

  • 人生は捉え方次第。キモチの切り替え方

瀧澤 宏臣瀧澤 宏臣(たきざわ ひろおみ)

アスリート【スキークロス選手】

アルペン ナショナルチーム在籍歴16歳~21歳(ワールドカップ2戦に出場) モーグル ナショナルチーム在籍歴23歳~26歳(ワールドカップ3戦に出場) スキークロス 2001年1月ウィンターエックスゲームス(WXG) 2001 ウルトラクロス 優勝(WXG日本人唯一の金メダリスト)

  • 夢を諦めない
  • 怪我から学べること

朝倉 新朝倉 新(あさくら しん)

アスリート【スポーツプロデューサー】

12歳からBoxingを始め、17歳と4日でプロテスト合格。その後、網膜剥離で6年間の現役生活を引退。「夢を持って頑張ってきた事は無駄にならない」という事を、アスリートや若者に伝える為に、起業を決意。22歳で株式会社Keep upを設立。「アスリートのセカンドチャレンジを応援!!」をスローガンに、現在、様々なスポーツ企画やアスリートマーケティングをプロデュースしている。

  • アスリートからの起業
  • いのちの授業
  • ダイエットノウハウ
  • 健康管理、自己管理・目標意識 等

次の 10 件>